住まいの中でのトイレの設備や使い方や考え方などを、住まいの一部としていろいろ書いてみました。

より良い住まいの定義
より良い住まいの定義

住まいとトイレとウォッシュレット

住まいの中でトイレは意外に重要な癒しの場所だったりします。また排便の様子などや排尿などで健康管理もできます。その様子から健康管理をしている人も多いのではないかと思います。また最近はウォッシュレットを取り付けている場合も多いようですが、とても便利で使いやすいものも増えてきていますが、注意点は衛生面で、例えばお尻を常に洗う状態になり、健康に良さそうですが、かえって雑菌がいなくなりすぎて、耐性がなくなってしまい、その部分が弱くなる人もいるようです。健康管理の面でもインターネットなどで情報を集めておくのが良いように思います。体内の細菌なども持ちつ持たれつの場合もあるようです。

またトイレでは落ち着くという人は多くて、新聞や本などを持ち込んで長い時間読んだりします。中にはトイレではないような、きれいな部屋にしている人もいますが、それも癒しやストレス解消には良い方法ではないかと思います。特にトイレの場合は、できるだけきれいにしておけば、何となく気分も良くなりますが、落ち着かないようなトイレの場合には、やはり気分も晴れません。住まいの一部がトイレでもありますので、趣味に合った場所にすべきかもしれません。