子どもがいるならできるだけ安全な住まいを用意したいですよね。古戸のために住まいでできることはたくさんあります。

より良い住まいの定義
より良い住まいの定義

子どものためにできるだけ安全な住まいを。

子どもがいるならできるだけ子どもにとって安全な住まいを用意してあげたいですよね。子どものためにできることはたくさんあります。まずできるだけ段差のない住まいにすること。子どもが小さいうちは段差で躓いてしまうかもしれません。赤ちゃんだとはいはいしているときに段差から落ちて頭を打つかもしれません。なので段差を少なくしてあげると安心です。それから生活配線を考えて、家の中で動きやすいように家具などを設置しましょう。特に電化製品のコードには気を付けてください。足をひっかけて転ぶのは住まいの怪我の中でも特に多い怪我ですから。

それからどこに住まいを得るかも子どもにとって大切になります。家の前が交通量の多い道路だと家から出るたびに子どもが危険にさらされることになります。これを防ぐためにはできるだけ住宅街の住まいを選ぶか、住まいの周りに大きな道路がないかどうかを確認しましょう。交通量だけではなく、周りに夜灯りがあるかどうかも確認したい部分です。夜真っ暗になってしまう場所に住まいがあると、子どもが夜塾に行くようになったりした時に不安です。暗いところは治安もあまりよくなかったりするので子どもの安全を考えるなら真っ暗にならないところを住まいに選びましょう。

おすすめ記事