普通の家族の住まいから高齢者用の住まいへの改修の場合の援助や具体的な違いなどを書いてみました。

より良い住まいの定義
より良い住まいの定義

高齢者用の住まいの設備

最近は高齢者用の住まいの設備のための改装が増えていて、公的な援助も補助金としてもらえる地域も多くなってきています。しかし当然全額ではなく一部ですし、今の財政の状況を考えると補助金はだんだん少なくなっていくでしょう。そうなると自己負担で改装することになります。有料の老人福祉施設への入居では、至れり尽くせりのとこともありますが、そのようなところは当然お金もかかります。そうなると自宅を改装したほうが安くなりますし、何よりも今まで住んでいたところが、住みやすいと殆どの高齢者が考えているのではないかと思います。若い人は体ひとつで引っ越せるから良いのではないかと思いますが、思いのこもった思い出の住まいですし、人間関係をもう一度始めからやり直すことがとても億劫になります。

それが好きな人もいますが、そうではない人も多いものです。それで自宅を改装して、例えば手すりを老化や階段につけて、トイレや風呂場もそうします。それは最低限必要です。また階段に簡易エレベーターを設置もできます。しかしその場合には一定の広さが必要になります。狭いところは構造上設置できないところもあり、そうなれば二階以上の部分は使えなくなります。また玄関の段差も高すぎるところが多いので坂を作らないといけません。