私の住まいはお風呂が狭いのですが、考えてみればお風呂が広いと水道代がかかるので経済的ではないですね。

より良い住まいの定義
より良い住まいの定義

私の住まいのお風呂は狭いのですが。

賃貸アパートのお風呂って狭いですよね。別にお風呂が広くなくても困らないし、そもそも私の住まいだとお風呂を沸かせないのでお風呂に入ることがあまりありません。だからお風呂が広かろうが狭かろうが割とどうでもいいんです。でも最近気が付いたんですけど、お風呂が広いと逆にデメリットがあるかもしれないですね。お風呂が広いってことはお湯で満たすのに結構な量の水が必要になるということになります。子どもと一緒に入るとかなら良いんでしょうけど、一人で入るなら小さいお風呂の方が水道代を節約できて経済的かもしれません。住まいの設備って広ければいいってわけでもないんですね。

考えてみれば部屋だって広ければいいってわけでもないと思います。必要以上に広い住まいは掃除が大変です。それに部屋全体を暖めたいと思ったら暖房代もかなりかかります。もちろんだからって部屋が狭ければいいってわけでもないと思います。部屋が狭すぎたらそれはそれで不便です。でも広すぎたら同じくらい不便なのだと思います。大は小を兼ねるとは言いますが、住まい全体にそれが言えるかどうかは別ですね。収納スペースとかには当てはまるかもしれませんが。お風呂もそうで、一人で入るならそこまで広々としたお風呂は必要ありませんからね。

おすすめ記事