窓の大きな住まいは日光が入るので部屋が明るい上、解放感があり風通しがよくなるというメリットがあります。

より良い住まいの定義
より良い住まいの定義

窓の大きな住まいとメリット

窓が大きな住まいのメリットはまず家の中が明るくなることです。部屋の明るさはどのくらい窓から日の光が入るかというところで決まります。当然ですが窓が大きければ大きいほど日の光が入りやすくなり、部屋の中が明るくなります。なので窓が大きい方が部屋の中が物理的に明るくなります。また日の光の量に関係なく窓が大きい方が部屋の印象自体が明るくなります。これは窓が大きければ大きいほど解放感があり、明るいイメージをもたらしてくれるからです。窓が全くない部屋と比べれば印象が全然異なることがわかります。窓がないと暗い印象になりますからね。

窓が大きいと風通しがよくなるので換気も簡単だし、夏は涼しくて良いと思います。風通しの悪い住まいは全体的にじめじめしてしまうし、空気が淀んでしまうのであまり健康にもよくありません。窓が大きい方が空気が綺麗に保てます。このようにメリットがたくさんある大きな窓ですが、窓が大きいとカーテン代が高くつくというデメリットもあります。カーテンは必要な布の量が増えれば増えるほど値段が高くなるからです。ただし自分自身で裁縫できるなら自作して安く済ませても良いし、今は値段の安いカーテンもあるので大きな窓の住まいが良いならカーテン代は気にしなくても大丈夫でしょう。

おすすめ記事

  • アクセス至便な高槻市の葬儀会場は、ライフガーデン たかつきホール。