夫によると住まいのどこにコンセントがあるかは結構重要だそうです。家電の置き場所に関係するからです。

より良い住まいの定義
より良い住まいの定義

夫によると住まいのどこにコンセントがあるかは重要だそうです

今の住まいは夫が中心となって選んだ住まいです。私自身は特にこれといった希望がなく、強いて言えばできれば駅から近い方が良いなというくらいでした。後は家賃は予算が決まっていたのでその家賃内なら…という感じでした。けれど私の夫はもう少し色々考えていたみたいです。特にコンセントがどの位置にあるか、どこにどの家電を置くかということを気にしたと言っていました。夫に言わせると、住まいを選ぶときにコンセントの場所を確認しないと絶対に後悔することになるんだそうです。コンセントの場所が悪いと家電を置く場所が不便になるみたいですね。

私はぴんとこなかったのですが例えばリビングとして使いたいなと思っている部屋にコンセントが全くなかったら、テレビを見ることすらできませんよね。テレビを置きたいなと思っている場所にコンセントがなかったらどうしようもありません。家電はその大半がコンセントを必要とします。だからこそコンセントが住まいのどこにいくつくらいあるのかが大きな要素なのだとか。これは住まいを見るときにどこにどんな家電を置きたいかをイメージしてみるとわかりやすいかもしれないですね。夫によると、ここに家電を置きたいなと思ったときコンセントがあるかどうかを考えると良いそうです。