住まいの間取りを自由に決められるフリープランは人気ですが、マンションだと意外な落とし穴があります。

より良い住まいの定義
より良い住まいの定義

マンションの住まい、フリープランの落とし穴

間取りを自由に選べるフリープランの住まいは人気が高いです。自分自身で間取りを選べるのでより快適な住まいになります。ただしフリープランには意外な落とし穴があります。一軒家の場合はフリープランでもあまり問題はないと思います。よっぽど変な間取りの組み合わせにしない限りは大きな問題もなく普通に暮らせるでしょう。けれどマンションの場合はどうでしょう。マンションでフリープランということはマンション全部の部屋がフリープランということになりますよね。お隣さんも、上下の住人も皆フリープランで自由な間取りを実現しているわけです。

これはつまり自分の選んだ間取りとお隣さんが選んだ間取りの相性が最悪である可能性もあるということです。例えばあなたが寝室に選んだ部屋は丁度お隣さんのトイレの横かもしれません。あなたが寝ている間、お隣さんがトイレを使う度に音が聞こえてくるかもしれません。それに気分的にも嫌ですよね。自分の寝室の横がお隣さんのトイレだなんて。壁があるとはいえ気になってしまうのではないでしょうか。寝室の横がお風呂というパターンも微妙でしょうね。お隣さんがシャワーを使う度に音が聞こえてきてうるさいかもしれません。フリープランの住まいにはこういう落とし穴もあるのです。