仮に家を購入したりする時には今だけを考えずに将来の自分を想像しながら住まいを考える必要があります。

より良い住まいの定義
より良い住まいの定義

将来を考えて自分の住まいを考える必要がある

賃貸住宅を借りる時にはそこまで将来の事を考えなくても、もし家族が増えたらそれに見合った場所に引っ越せばいいだけの話で終わってしまいますが、家を購入するときはそういう考え方ではちょっと困ります。家というのは一生の中でも一番高い買い物になる物ですから将来の自分の住まい考えながら家を購入していく事が大切です。そこで一番考えなければならないのが結婚するかどうかです。結婚すると子供が産まれる場合もありますので、その分人数が増えるという事は家の広さを広めに考えなければならないです。せまい家を購入しているといざ人数が増えるとちょっと住みにくくなってしまいます。

もちろん完璧に将来を予想するのは不可能な事ですが、自分が将来結婚の意思が少しでもあるのなら独身の時に家を購入する時は、結婚した時の事を考えて広めに設計したりしていく必要があります。広めの家を購入する事によって将来人数が増えても問題なく住めることになります。ちょっと予想しにくいことですのでちょっとリスクはあります。もし、あまりリスクを負いたくないのなら若い時には家を購入するのではなくて、結婚した時や結婚する可能性がほぼない時に家の購入は考えた方が良いと思いますし、不安もなくなると思います。