我が家は築35年のぼろ屋ですが、住まいがあると言う事は大変幸せだと思います。死ぬまでここで暮らすはずです。

より良い住まいの定義
より良い住まいの定義

住まいは本当に良いモノです。

住まいがあると言う事は大変幸せだと感じるのです。たとえぼろ屋でも、家があるというのは本当に幸せなことだと感じます。この家がなければ、完全に野宿をしなければなりません。一人住まいなので、それでもかまわないと言えるかも知れませんが、そんな生活はわびしいと言えるでしょう。父が残した家ですが、既にかなりのぼろ屋になっています。それでも雨露が凌げるだけでもかなり幸せだと感じるのです。父には今更ながら感謝しています。よくぞこの家を残してくれたと仏壇に毎日手を合わせています。世の中には自分が住む家を持たない人もいます。わざわざ家を捨てる人もいるほどですが、自分が住む家があると言う事はこの上ない幸せだと感じるのです。

恐らく自宅があるというのは本当に人生にとって重要なことだと感じます。もちろん自分のモノであってもなくても関係はないでしょう。自分自身が住む事の出来る家、それを持っていることが大切だと思うのです。その点で、今の幸せが成り立っています。この家がなければ、路頭に迷っているはずです。浮浪者になっていたかも知れません。それほど人間にとって住まいとは大切なモノだと思うのです。人生の基本が住まいだと言えるのです。