住まいにレトロなイメージを持たせた新築住宅を建てる事も可能であり、レンガや木目を上手く利用してくれます。

より良い住まいの定義
より良い住まいの定義

レトロなイメージを持たせた住まい

レトロなイメージを愛する方に合わせて、わざと部屋を古く見せる技法もハウスメーカーは持っているものです。新築の住まいというのは壁に汚れ一つ付いていない綺麗なものですが、そんな綺麗さよりも少し古さを感じる様な土汚れが付いた住宅を愛する方も沢山居られます。そういった趣味を持っている方に合わせて最初から少し汚れて見える様に、土汚れを付けるのではなくて素材の使い方にこだわりを持っているところも多いのです。もちろん壁に土汚れを僅かに付ける事でレトロなイメージを作り出すという場合もあります。

住まいの土台造りに使われる木材などはしっかりとした強度のある物を使いながら、壁の外側には少し古く見える木材を貼り付ける事でレトロなイメージを持たせたり、レンガは既に何処かの家屋で使われていたものを利用する事で、古く見える様に工夫をしてくれる場合もあるのです。こちらのイメージに合わせて古さを美しく際だたせてくれながらも、耐震性能や防火性能はしっかりと最新のものを使ってくれたりと、安全面には配慮しながらレトロなイメージを作り出す事も出来ますから、古い家を購入しようかと思っていた方も新築の住宅で自分好みの家は造れると思います。

おすすめ記事