昔と比べて住まい環境で悪化している事があり、それはどこも同じだと思いますがそれについてお話します。

より良い住まいの定義
より良い住まいの定義

昔と比べて住まい環境で悪化している事

昔つまり10年前と比べて私たちが暮らしている住まいの中で悪化しているものがあります。それを一人一人で把握して生活していく事が必要になってくるのです。それが自然です。ちょっと10年前と今を比べてみるとあきらかに緑の部分が減っています。現に私の住んでいる近くも昔と比べればあきらかに緑が減っていますしそこには住宅などが代わりに建っています。たしかに住宅、お店など便利なものが建っているので便利な住まいになっているのかもしれないですが、将来的な事を考えれば便利というよりも深刻な事態になっていくおそれがあるのです。

自然が少なくなると地球温暖化が加速してしまいます。現にかなり二酸化炭素の濃度が上がっているのですが、これからも上昇が止まらないという事もありえるのです。そして温暖化になると動物にも影響がでます。日本にも亜熱帯の生物があちらこちらで発見されています。その影響で新たな病原体の危険がせまってきているのです。さまざまな部分で深刻になってくると予想されます。このような事態にならないためにも一人一人がが自然に対して真剣に考えて自然を大切にしていく事が必要です。それによって将来の深刻な状況を緩和させる事が可能になってくるのです。