住まいは、今後のライフスタイルも考慮して、建てていくほうがいいです。どんな事ににも対応できる家がいいですね。

より良い住まいの定義
より良い住まいの定義

希望の住まいにするには計画が大事

住まいを購入する時に漠然と考えているのではなくて、きちんとどんな家に住みたいかというのを計画することが大事ですね。家族の健康の事や、これからのライフスタイルも考えて、どんな家が一番自分たちに適しているのかをよく考慮して、決めていく必要があります。近所に建売が建って、見に行くといい感じだったので購入にするにはあまりに安易かなとは思います。そういう勢いも必要ですが、将来どんな暮らしになるかを想像することは重要です。今は単身家族で住んでいるけど、将来的には同居も考えていかないといけない時代です。高齢者の事も考えた住まい作りは課題です。

自分たちも高齢者になるので、そうなった時に対応出来る様な家にしておくと、後々便利でいいですね。若い人にとっては、バリアフリーの家に別に我慢しないといけない所はないと思います。それに今のうちから、こういう家を実感しておくことも重要です。子供がもし家を建てる時に、段差のない家や、スムーズに移動できる家を作ったほうがいいかなって思う気持になってくれると思います。今の標準の家は手すりもついているものが多いです。でも、ちょっと付いているだけの所が多いので、もうちょっと後から足せる様な作り方がいいですね。