住まい選びには誰しもが理想を持っています。しかし、案外除外しているのが生活していく上での利便性です。

より良い住まいの定義
より良い住まいの定義

住まいと理想についてです。

住まい選ぶ際には物件の理想を少しでも多く叶えたいですよね。ペットは飼えるのか?エレベーターはあるのか?子供部屋はあるのか?・・などなど、人の欲求というのは尽きないだけに、住まい選びにも悩んでしまいます。しかし、案外理想を描く際に除外しがちなのが、住まいの場所です。コンビ二は近い方が良いだとか、仕事場に近い方が良いだとかは以外と適当になりがちです。確かに家の住み心地も大切でありますが、もしも森の奥深くに家があったら面倒ですよね。少々オーバーな考えでありますが、つまりどうしても外せない条件に住まいの場所もあるという事であります。

学校や仕事・・・人それぞれ色んな目的を持って家を開けます。その際には、家族によって誰一人自宅にいない状態になる事もありますね。その際には地域の目というも利用していきたいものです。近所付き合いが希薄になりがちな最近でありますが、挨拶程度はする事をお勧めします。挨拶をしっかりとすれば「愛想の良い人」と思ってくれますし、何かあった時に助けてくれるかもしれません。同じ建物で暮らしている同士なのですからね。そのためには気を使いすぎるも良くありませんが、必要最低限の注意は払いましょうね。

おすすめ記事