住まいにおいて、安らぎは重要です。仕事から帰ってきた時、ほっとできる空間でなければ意味がないと思います。

より良い住まいの定義
より良い住まいの定義

住まいにおいて安らぎは重要です。

住まいにおいて、安らぎが一番重要と考えています。仕事から帰ってきた時、ほっとできる空間でなければ住んでいる意味がないと思います。仕事の疲れを倍増させるような空間にしたくありません。賃貸で安い物件に飛びついたら騒音がうるさかったということがあります。たとえ家賃が安くても毎日イライラしてすごすくらいなら意味がないと思います。自分の予算内で妥協できる範囲をさだめて物件を探さなければいけないと思います。

理想の住まいを見つけるために、内見は納得いくまで何度でもやるべきです。しっくりこないまま契約して、やはり違和感がぬぐえないので引っ越しを何度もする人がいます。そのたびに引っ越し代がかかっては割高でこちらが損をするばかりです。不動産会社の営業の方の言いなりになるのではなく自分の希望をしっかり伝え信頼関係を築き自分の理想の住まいを見つけるべきです。一人暮らしなのか、家族と暮らすかでまた色々条件は異なってくるでしょう。介護が必要な方もいるかもしれません。そのあたりの事情をざっくばらんに話してプロに力になってもらいましょう。そのためにこちらも不動産の知識を勉強しておいた方がいいでしょう。その方が営業の方の言っていることも理解がしやすいと思います。