気持ち良く暮らせるように、シンプルな住まいを目指しています。ギリギリまで物を減らして、工夫して生活しています。

より良い住まいの定義
より良い住まいの定義

シンプルな住まいを理想に、空間づくりをしています

最近、そこにいるだけで気持ち良いと思える、そんな空間づくりを心がけるようになりました。私が気持ち良く感じるのは、シンプルな空間です。そのため、ギリギリまで物を少なくして、本当に必要なものや好きなものだけを置くようになりました。少しずつではありますが、シンプルで居心地のよい住まいになってきて、自分ではとても満足しています。インテリア家具や生活するために必要なものは最小限にしているので、部屋の中がゴチャゴチャしなくなりましたし、以前に比べて片付けも楽になってうれしく思っています。

また、我が家は狭いのですが、このシンプルな空間づくりのおかげで、広々と見えるのもお気に入りです。友人が遊びに来ることもありますが、みんなシンプルでリラックスできると褒めてくれます。ギリギリまで物を少なくしているため、友人からは不便に感じることはないのかと尋ねられますが、今ある物を工夫して何通りにも使い回しているので、特に不便に感じることはないと答えています。シンプルな住まいは精神的にも落ち着きますし、散らかってイライラすることも少なくなります。気持ち良く、快適に暮らせる住まいのために、これからも続けていきたいと思っています。