ちょっとした出来心で夫にどんな住まいが理想かを聞いてみました。思ったより現実的な答えでした。

より良い住まいの定義
より良い住まいの定義

夫に理想の住まいについて聞いてみました

ちょっとした出来心で夫に「あなたにとっての理想の住まいって何?」と聞いてみました。「何だよいきなり」なんて言われたので、「どんなとんでもないことでもいいからさ、理想の住まいって例えばどんな感じ?」と聞くと、夫が言ったのが「庭と畑があって、広いガレージがあって、3LDKくらいの広さで、犬と猫がいる家」でした。これを聞いて私はそれようするに田舎の家じゃん!なんて思ったのですが、そこまでとんでもない理想じゃなくて少し笑ってしまいました。私がもし同じ質問をされたら「お城みたいな家!お手伝いさん付き!」なんて答えてしまいそうですから。

実際に実現するかどうかは別としてこういう「理想の住まい」について考えてみるって結構いいことだと思います。考えてみるだけでちょっと楽しい気分になるし、実現できる部分は実際に実現できるように努力すればいいんですから。例えば私の夫の場合、庭のある家というのは実現可能な部分です。犬と猫も実現できます。3LDKも大丈夫でしょう。正直広いガレージはいらないなと私は思うし、これを実現しようと思ったら結構お金がいりそうですが、できなくはないでしょう。私のお城みたいな家というのは完全に無理でしょうが、外観をちょっとお城っぽくすることはできるかもしれないですね。

おすすめ記事