個性的な住まいというのは飽きやすいということもあります。けれど飽きるまで楽しんで住めばいいんです。

より良い住まいの定義
より良い住まいの定義

個性的な住まいと実用性

個性的な住まい、デザイナーズマンションとかデザイナーが特別にデザインした家とかって長く住むには向いていないと思います。個性的というのはそれだけ飽きやすいということでもあるし、それに実用性があまり高くないんじゃないかと思うです。もしそのデザインがもの凄く実用性に優れているなら同じようなデザインの住まいがたくさん建てられると思います。建てられないということは実用性がある程度削られているから建てられないんじゃないかと思います。しかしだからってそういう個性的な住まいが劣っているとか、駄目というわけではありません。

見た目が個性的だったりデザインが個性的なのは住む人にとっては長所です。多少不便な点があったとしても、人とは違うところに住んでいるという満足感があります。この満足感のためだけにデザイナーズマンションや個性的な家に住んでもいいくらいです。なのでこういう個性的な住まいはそういうデザインを楽しむ余裕がある人が住むと良いのでしょう。一生住み続けるのではなくデザインに飽きるまで住み、それからまた別のところに引っ越せばいいんです。住まいというのは必ずしも一生同じ場所を選択しなければいけないわけではありませんから。

おすすめ記事