自分には合っていない住まいなのか、それともあっている住まいなのか、そんな悩みや定義を定めてみましょう。

より良い住まいの定義
より良い住まいの定義

より良い住まいの定義

住まいは、社会というコミュニティの中でも特に重要な場所であり、自分という存在を作り出す自分の基礎ともいえる場所です。そこには家族がいたり、自分だけの空間が在ったり、それは人それぞれですが自分に合った住まいとはいったいなんでしょうか。確かに、前述のとおり住まいは人それぞれ違うのですから定義も当然人それぞれ異なるのが当然です。ですが、あえて定義するのならばどのような住まいが自分に合っていると言えるのでしょうか。

それは、その部屋にいて自分という存在を出す事が出来ているか、でしょう。人間リラックスできていると自然に自が出ます。なのでリラックスできていない状態、所謂外面の自分が自室でも出ているようならばそれはリラックスできる空間とは到底言えません。心理学上では外面の事をペルソナと呼びますが、このペルソナの安定を保つ意味でも住まいというものはとても重要なのです。このバランスが図れないと今度は人格、パーソナリティにまで影響を与えてしまいます。このようにならないためにもきちんとした住まいを作り出すのがとても大切であり、人間として必要な事です。それと同時にそれを受け入れてける人の存在もとても重要です。人間一人では生きていけないので、ぜひそんな人に出会いたいものです。